バリアフリー

キッチンのリフォームや風呂のリフォームは、将来の備えの1つとも言えます。

将来の備えとして行なうリフォームが、バリアフリーです。
キッチンや風呂には、段差のあるデザインとなっている場合も多いです。
例えば、風呂の場合は脱衣所と風呂の境目に段差があるのも珍しくありません。

そんな段差は、利用者の年齡が高くなればなるほど1つの障害となります。
それは年齡を重ねるにあたり足腰が弱り、注意力の低下によって段差に躓く確率も高くなるからです。
そのような危険性を事前に防ぐためにも、風呂やキッチンの段差をバリアフリーにリフォームするのも大切です。

事故を防ぐ

将来の備えとして行なうリフォームには、段差の改善だけではありません。
その他にも、滑りにくい床にして、取っ手をつけるなど色々です。

キッチンのリフォームでは、座ったままでも調理ができるように作り変えるのも可能です。
これにより、腰や脚に負担をかけず、食器洗いや調理ができます。
上記でも述べた取っ手や滑りにくい床は、風呂のリフォームで備えられます。
滑りにくい床や取っ手をつける事で転倒による事故も未然に防げますし、キッチン同様に足腰に負担をかけずお風呂が利用できます。